So-net無料ブログ作成

カリフォルニアロケット療法について~ざっくりと~ [精神科]


今後はよりまとまった記事をこちらに掲載していきます よかったら遊びに来てください https://mibyou-pharmacist.com


最初に聞いたときは何だそれ?と思った

具体的には

「SNRIとNaSSAの併用療法のこと」

※精神薬理学者 スティーブン・M・ストールが提唱したもの

ざっくり説明すると

①セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)とは?

神経終末でセロトニン(5-HT)とノルアドレナリン(NA)の再取り込み部位に作用



シナプス間隙における5-HTとNAの濃度を上げる



神経伝達を活発にする

②ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ薬(NaSSA)とは?

・ノルアドレナリン神経終末でα2自己受容体に結合・ブロック
(α2受容体は、ノルアドレナリン放出の抑制の役割を担っている)



ノルアドレナリンの放出を促進

・セロトニン神経終末のα2ヘテロ受容体に結合・ブロック
(セロトニン放出の抑制を担っている)



セロトニンの放出を促進

①と②の併用をすると

それぞれ違う作用により



セロトニンとノルアドレナリンの濃度を上昇させる



「効果を上げる」
「単体の薬の増量により出現する副作用を避ける」
といった期待ができる



誰にでも効果があるわけではない
単在投与を基本とする
うつ治療において困ったときの1つの手段にすぎない



注意しないといけないのは慎重に増量しなければ
うつの患者さんが躁転する可能性があるということ

補足

勉強会にて、リフレックス[レジスタードトレードマーク]とレクサプロ[レジスタードトレードマーク]を併用することで単剤よりも
効果が出た話があった

参考資料
精神科のくすりを語ろう その2 熊木徹夫
各添付文書

関連記事

レクサプロ[レジスタードトレードマーク]の特徴について~選択性が高い理由~


今後はよりまとまった記事をこちらに掲載していきます よかったら遊びに来てください https://mibyou-pharmacist.com



↓応援していただける方クリックお願いします

人気ブログランキング


スポンサードリンク









nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

ランタスXRソロスターの空打ちについて ~2単位ではダメなのか?~ [糖尿病と薬]





今後はよりまとまった記事をこちらに掲載していきます よかったら遊びに来てください https://mibyou-pharmacist.com


・空打ちについて

ランタスXRソロスターの空打ちは「3単位が正しい」
ただ、服薬指導をしていたら患者さんから
「先生から2単位と聞いている」という方がいた。
どういうことだろうか
先生が3単位のところを2単位と勘違いしているのだろうか?
そんなはずはないだろう



メーカーに聞いてみた



メーカーとしてはオススメしていないが「2単位」と説明するケースは
あるらしい



どういうとき?



元々別のインスリンを使っていて切り替えた際
改めて3単位と説明すると勘違いしたり混乱するためとのこと



では2単位でもいいの?



ランタスXRは元来のランタスの3倍濃縮なので
液量が3分の1になっている。
そのため、液が出ているか分かりにくいため「3単位」に設定している
とのこと



液が出ているのが分かれば正直2単位でも大丈夫

つまり、ケースによって必ずしも3単位の指導ではない
患者さんが医師や病院でどう指導を受けたかを
しっかり聞き取り、その都度、空打ちをしているか
空打ちの意味を伝える必要がある

補足

ランタスからランタスXRの切り替え
基本的には、単位数は変えなくてよい
同単位

特徴
ランタスよりも低血糖の発現低く
体重の影響が少ないタイプ

参考
サノフィ株式会社問い合わせ


今後はよりまとまった記事をこちらに掲載していきます よかったら遊びに来てください https://mibyou-pharmacist.com


↓応援していただける方クリックお願いします

人気ブログランキング

スポンサードリンク









nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

腎機能低下と高カリウム血症(ざっくり) [腎臓]




今後はよりまとまった記事をこちらに掲載していきます よかったら遊びに来てください https://mibyou-pharmacist.com



① 人体のpH調整(血液内pH7.4)



・尿中へのH+排泄

・呼吸によるCO2排出

今回は上に注目する

② 腎機能低下と高カリウム血症

腎機能が低下する



H+が排泄できなくなる



H+の蓄積



血液が酸性になる(アシドーシス)



細胞内にH+を取込み、K+を細胞外に排出



高カリウム血症に・・・(5.5mEq/L以上)



関連記事
野菜とカリウムについて

今後はよりまとまった記事をこちらに掲載していきます よかったら遊びに来てください https://mibyou-pharmacist.com



↓応援していただける方クリックお願いします  

人気ブログランキング

スポンサードリンク









nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:健康