So-net無料ブログ作成

女性ホルモンと歯周病について~歯磨きが大切~ [歯科]




・妊娠期に歯が悪くなる原因

妊娠期(思春期なども)



女性ホルモン(エストロゲン)の分泌量の増加
(女性ホルモンは妊娠終期に月経時の10~30倍になる。)



歯肉を作る細胞のターゲットになる



口腔内にて歯周病菌の一種が異常増殖



歯ぐきの血管拡張(末梢)から出血しやすくなる



歯ぐきの状態が悪くなる(歯周病になりやすい)

※口腔ケアがうまくいかず口腔内の環境が悪化する

→歯垢(しこう)を残さないことが大切。

ケアをしていれば軽度で済むとのこと

→手みがきでは50%程度しか歯垢(プラーク)を取り除くことができないともいわれている

→電動ハブラシなどもオススメ

※妊娠期に歯が悪くなるのは子供にカルシウムが取られるからではない

※歯周病細菌の早期低体重児出産の危険率は7倍と言われている、
タバコやアルコール、高齢出産などよりもはるかに高い

・補足

歯垢(プラーク)とは?
歯に沈着物(白・黄色など)で、多くの細菌などから構成されている。
バイオフィルムとも呼ばれていている薬品だけでは除去しにくい状態で
歯ブラシ等で物理的に除去することが大切

参考資料
日本臨床歯周病学会ホームページ
ライオンホームページ
日本歯周病学会ホームページQ&A

↓応援していただける方クリックお願いします

薬剤師ランキング




スポンサードリンク









nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:健康