So-net無料ブログ作成

鉄欠乏性貧血について~自覚症状では厳密に分からない~(小ネタ) [貧血]




鉄欠乏性貧血について

①原因

・女性(やはり女性に多い)

過多月経

子宮筋腫

・男性と閉経後女性

消化器の出血が主な原因

②症状について

・「立ちくらみ」「フラフラする」が貧血ではない



フラフラして、「貧血かも」というのは正しくない

(血液検査しないと分からない。確定診断できない)

・一番多い症状

疲れやすい

階段や歩いたときの労作性の息切れ



実は、貧血の治療をしたら上記の症状が緩和されることがある
心臓からではなく、鉄分を補うことで労作性の息切れが
改善するので驚き

補足

食事療法だけでは良くならない
体に十分な鉄分が貯まるのには半年以上かかる

鉄剤服用開始後 
網赤血球は数日から10日で増える
ヘモグロビンは1週間くらいで増加し、8週間くらいで正常化する
この段階では、貯蔵鉄(体内鉄の3割を占める)が枯渇しているので4ヶ月くらいは継続必要

つまり、よく起こる症状や治療に時間がかかることをしっかり
説明しないといけない
薬局でも自己判断で中止しないように丁寧に説明する必要がある

参考資料
日本内科学会雑誌 第99巻 第6号

関連記事

鉄剤と食品の相互作用について

各鉄剤の違いについて

↓応援していただける方クリックお願いします

人気ブログランキング




スポンサードリンク









nice!(3)  コメント(0)