So-net無料ブログ作成
泌尿器科 ブログトップ

過活動膀胱(頻尿)に対するロキソプロフェン(ロキソニン)について [泌尿器科]




今後はよりまとまった記事をこちらに掲載していきます よかったら遊びに来てください https://mibyou-pharmacist.com


頻尿の定義「1日に8回以上トイレに行くもの」

「多尿」や「膀胱容量の減少」→過活動膀胱はこちら

ロキソプロフェンの頻尿に対する作用機序

プロスタグランジンの阻害



腎臓の血流低下



尿の産生量低下



相対的に排尿回数が減少すると考えれる

その他の考えられる理由(尿が溜まったときに尿意を伝えるメカニズムより)

膀胱の上皮の細胞からプロスタグランジンが産生



これが、粘膜の下にある求心性神経を刺激



尿意が伝達(これをロキソプロフェンが遮断すると言われている)

補足

・夜間頻尿に使う医師がいる

・寝る前や外出前の直前に服用することで効果が期待できる

・高齢者など腎機能低下者注意が必要

・あくまでも適応外処方

参考資料
ドクターサロン 2013 57巻2月号p35-36
ロキソニン添付文書

今後はよりまとまった記事をこちらに掲載していきます よかったら遊びに来てください https://mibyou-pharmacist.com


↓応援してくださる方クリックお願いします

健康と医療ランキング



スポンサードリンク









nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

オキシブチニンテープ (ネオキシテープ[レジスタードトレードマーク])の特徴 ~なぜ貼付剤?~ [泌尿器科]




①製剤的特徴

従来のオキシブチニン錠(ポラキス[レジスタードトレードマーク])では、
唾液、腸管、毛様体のムスカリン受容体に作用し「口渇」「便秘」「霧視」の副作用が多かった



そのため、「貼付剤」が開発された


オキシブチニンの初回通過効果により生じる
代謝物N-デスエチルオキシブチニン(DEO)が副作用に関連していると言われている
そのため、経皮吸収にすることで抗コリン作用を軽減させた

DEOは活性代謝物であり、それ自体オキシブチニンと同等の薬理作用を有する

②薬理作用

非選択的にムスカリン受容拮抗薬
膀胱の異常な収縮を抑制するため、尿をためる機能を改善する
尿意切迫感や頻尿などを改善する

どれくらいで効果が出るのか?

だいたい4週目くらいから効果が見込める

③なぜ73.5mgなのか・・・

ポラキス[レジスタードトレードマーク]錠は1日2~6mgなのだが
テープ剤であるネオキシ[レジスタードトレードマーク]テープが73.5mgである理由

例えば

モーラス[レジスタードトレードマーク]テープの経皮吸収は8割程度だが
ネオキシ[レジスタードトレードマーク]テープは24時間後に6%~9%程度しか吸収されない
これはだいたい5mg前後に相当する

参考資料
久光製薬 ネオキシテープ勉強会
ネオキシテープ 添付文書

関連記事
過活動膀胱治療薬によるムスカリン受容体と抗コリン作用の注意点

ムスカリン受容体の種類と抗コリン薬の基礎知識

↓応援していただける方クリックお願いします

健康と医療ランキング

スポンサードリンク









nice!(0)  コメント(0) 
泌尿器科 ブログトップ