So-net無料ブログ作成
薬物動態 ブログトップ

鉄剤と食品の相互作用について [薬物動態]





今後はよりまとまった記事をこちらに掲載していきます よかったら遊びに来てください https://mibyou-pharmacist.com



仕事で後輩から質問があったので簡単にまとめる
年配の看護師からも質問が時々ある

・鉄剤と緑茶

以前は、緑茶に含まれる「タンニン酸」と「鉄」が
難溶性化合物を形成して鉄の吸収が阻害されると考えられていた
(30年くらい前の論文)

ただし、臨床試験で一緒に服用して問題ないことが示されているので
緑茶を制限する必要はない

参考文献
茶と鉄剤:緑茶の飲用は徐放性鉄剤の効果に影響を与えない
日本薬剤師会雑誌38:1986

※追加の情報
鉄剤の中でも徐放性製剤や硫酸第一鉄製剤より
クエン酸第一鉄製剤(フェロミア[レジスタードトレードマーク])の方が影響は少ない。

・鉄剤とビタミンC

鉄剤を還元型にして鉄の吸収を高める

理由

鉄は十二指腸から吸収される。
腸液の環境下で十二指腸は、弱アルカリ性なので二価の鉄の方が吸収がいい。
ビタミンCによりFe3+が2+になるため
併用することで吸収を高めることができる

ちなみにOTC(ドラッグストアでも購入可能)では
鉄の成分とビタミンCがだいたいセットになってます
下にリンクを貼っているので良かったら確認してみてください

補足
食品で言えば、動物性食品(ヘム鉄)の方が
植物性食品(非ヘム鉄)より吸収がいい。
ヘム鉄の方が構造上、食物繊維やタンニンの影響を受けにくいため

今後はよりまとまった記事をこちらに掲載していきます よかったら遊びに来てください https://mibyou-pharmacist.com


関連記事

鉄欠乏性貧血について

各鉄剤の違いについて

↓応援していただける方クリックお願いします

人気ブログランキング




スポンサードリンク









nice!(9)  コメント(0) 
薬物動態 ブログトップ