So-net無料ブログ作成
抗アレルギー薬 ブログトップ

モンテルカスト10mg(シングレア)の「寝る前」について [抗アレルギー薬]




今後はよりまとまった記事をこちらに掲載していきます よかったら遊びに来てください https://mibyou-pharmacist.com


・添付文書上の用法用量

1日1回就寝前に経口投与する。

・「寝る前」服用以外はどうなのか?

喘息発作が朝方に多いために
元々メーカーの臨床試験が「寝る前」で行われている。



添付文書上「寝る前」に固定されている

ただし、面白いデータがある

・小児に対して用いるチュアブルで「午前」と「午後」の服用で効果に差がなかった
というもの

・服用24時間後も有効血中濃度が保たれていた
というもの

(メーカー問い合わせより)

そのため、適応外ではあるが、「朝」、「夕」、「寝る前」
いつ服用しても効果に違いはないと考えられる

しかし、そのような場合は疑義照会が必要だろう

今後はよりまとまった記事をこちらに掲載していきます よかったら遊びに来てください https://mibyou-pharmacist.com


↓応援していただける方クリックお願いします

人気ブログランキング



スポンサードリンク









nice!(1)  コメント(0) 

フェキソフェナジン塩酸塩/塩酸プソイドエフェドリン配合錠(ディレグラ配合錠)の食前服用の理由 [抗アレルギー薬]




今後はこちらがメインになります よかったら遊びに来てください https://mibyou-pharmacist.com

ポイント 

食後に服用してしまうと「吸収量の減少」と「効果発現の遅延」が起きる

特に鼻の症状に効果があると言われるディレグラ。なるべく早く、そして、より効果を求めているはず・・・

詳細
食後にディレグラ配合錠を服用することで
Tmaxまで倍の時間がかかり、CmaxとAUCが半分以下になる
かなり効果が変わるので、食前に服用する意味を患者に伝えるべきだろう
例えば、「起床時」と「寝る前」とか

ディレグラ.png

補足

添付文書上確認すべきこと

重要な基本的注意

・本剤の使用は鼻閉症状が強い期間のみの最小限の期間にとどめ、鼻閉症状の緩解がみられた場合には、速やかに抗ヒスタミン剤単独療法等への切り替えを考慮すること。[本剤を2週間を超えて投与したときの有効性及び安全性は検討されていない

・本剤の使用により効果が認められない場合には、漫然と長期にわたり投与しないように注意すること。



漫然と鼻の症状があるということで長期出すのは禁物
少なくとも薬局では、効果があるのか、このまま長期出すのか「疑義照会」が必要だろう

関連記事
眠気の少ない抗アレルギー薬

参考資料
ディレグラ添付文書・インタビューホーム
メーカー問い合わせ

今後はこちらがメインになります よかったら遊びに来てください https://mibyou-pharmacist.com




スポンサードリンク









nice!(1)  コメント(0) 
抗アレルギー薬 ブログトップ