So-net無料ブログ作成

点眼した後、まばたきしても大丈夫ですか? [眼科]




今後はよりまとまった記事をこちらに掲載していきます よかったら遊びに来てください https://mibyou-pharmacist.com



A:しない方がいい。目をぐりぐりするのもやめる!漫画みたいに


・詳細

点眼後、まばたきをすると、全身の方に流れるので「まばたき」はしないこと
とくにβ遮断薬は注意。全身の受容体に結合してしまう
 
・点眼後は?

目薬が涙点(るいてん)から流れ出ていかないように、しばらくまぶたを閉じる。もしくは
目頭を軽く押さえる(専門的には目と鼻の間、涙嚢部)
目薬が流れ出ていってしまうと薬の効果が発揮できなくなる場合も・・・

参考資料:参天製薬ホームページ

今後はよりまとまった記事をこちらに掲載していきます よかったら遊びに来てください https://mibyou-pharmacist.com

↓応援していただける方クリックお願いします

人気ブログランキング

スポンサードリンク









nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

緑内障と薬~外科的処置の意義~ [眼科]




今後はより内容の濃いものを こちらに掲載していきます よかったら来てください https://mibyou-pharmacist.com


① 緑内障の分類(隅角所見) 

・開放隅角緑内障

隅角の閉塞がなく、房水は線維柱帯に到達するが、この部位に病変(目詰まり)があると、房水流出障害を生じる

・閉塞隅角緑内障

隅角が虹彩根部によって閉塞され、
房水流出障害を生じる
虹彩と水晶体の間がせまくなっていて、房水が滞る

②緑内障と薬

緑内障禁忌の薬が多い。特に閉塞隅角緑内障・・・
しかし、薬剤師として是非確認したいことがある



外科的処置をしているかどうか



外科的処置をしていれば開放隅角緑内障と同じように薬剤投与が可能になる



外科的処置って?



レーザー虹彩切開術(虹彩に穴を開けることで房水の流れをよくする手術)

白内障の手術←白内障のOPE歴の確認は、個人的に非常に重要だと思っている

補足

PL顆粒について

PL 配合顆粒の成分であるプロメタジンメチレンジサリチル酸塩は比較的強い抗コリン作用を有しており,緑内障を悪化させるおそれがあることから全ての緑内障が禁忌。

閉塞隅角緑内障では,この抗コリン作用によって瞳孔が散瞳すると,虹彩根部が隅角を閉塞するため眼内圧が急速に上昇し,緑内障発作が誘発されることがあある。

開放隅角緑内障でも,毛様筋の弛緩によって眼圧が上昇し,緑内障を悪化させるおそれを示唆する報告がある。

今後はより内容の濃いものを こちらに掲載していきます よかったら来てください https://mibyou-pharmacist.com

関連記事
緑内障と薬・キサラタンの薬理作用について

眼圧検査と眼底検査~正常眼圧緑内障に注意~

参考資料:参天製薬勉強会資料、塩野義製薬よくあるPL顆粒のお問合わせ

↓応援していただける方クリックお願いします

人気ブログランキング

スポンサードリンク









nice!(2)  コメント(0) 

リズモンTG点眼液とチモプトールXE点眼液の違い [眼科]




今後はこちらがメインになります よかったら遊びに来てください https://mibyou-pharmacist.com


今回は製剤的な違いだけに絞る

・チモプトールXE

涙液中のナトリウムイオンと重合体を形成しゲル化する


・リズモンTG

眼表面の熱によってゲル化するように設計されている
通常、メチルセルロースのゲル化温度は約55℃。
しかし、クエン酸ナトリウムを添加することでゲル化温度を眼表面の32~34℃にまで下げて いる

・上記の違いにより

チモプトールXE  → 室温保存

リズモンTG    → 冷所保存

リズモンTGを部屋に置いて固まった場合は、冷蔵庫で30分冷やす戻る
氷だと数分?ただし凍らないように注意・・・

補足 略語の意味について

XEはExtended Efficacy →効果を持続させた

TGはThermosetting Gel → 熱応答ゲル

関連記事
ミケランLAのネバネバについて

参考資料:リズモンTG、チモプトールXE添付文書、各メーカーへの問い合わせ

今後はこちらがメインになります よかったら遊びに来てください https://mibyou-pharmacist.com


↓応援していただける方クリックお願いします

人気ブログランキング



スポンサードリンク









nice!(3)  コメント(0)