So-net無料ブログ作成
感染症 ブログトップ
前の3件 | -

牡蠣の生食用と加熱用の違い ~ノロウイルスを絡めてざっくりと~ [感染症]




今後はよりまとまった記事をこちらに掲載していきます よかったら遊びに来てください https://mibyou-pharmacist.com

①「生食用」と「加熱用」の違いって?

「鮮度」ではなく「海域指定」の問題

誰が指定するの?



実は、保健所がどこの海から海までが「生食用」とか決める
基本的には、海岸や下水が流れてこない綺麗な場所を指定する



離れたところが「生食用」となる
※牡蠣は1日300Lの海水を吸い込むので周りのプランクトンなどに影響を受ける



「生食用」は取ってから2~3日、消毒した海水にいれて出荷するんだとか

本当にノロウイルスがいないか分からないですよね!?
おそろしい・・・

加熱方法(調理)
一般にウイルスは熱に弱く、加熱処理はウイルスの活性を失わせる有効な手段です。
ノロウイルスの汚染のおそれのある二枚貝(牡蠣)の食品の場合は、
中心部が85℃~90℃で90秒以上の加熱が望まれる

②ノロウイルスについて(感染性胃腸炎の原因の1つ)

原因治療はなく、対症療法のみ

・症状

潜伏期間(感染から発症までの時間)は24~48時間
吐き気、嘔吐、下痢、腹痛

感染して胃腸炎になり1~2日で症状がおさまる人もいる
しかし、1~4週間便にいることも・・・
かなり迷惑。ノロウイルスは少ない量で感染するので、
上記症状で汚染されるとすぐ感染してしまう

※ 飛沫感染や人から人への直接感染

治療方法

とくにノロウイルスに直接作用するようなものはない
小児や高齢者は脱水の危険があるので輸液や経口補水液などの対症療法

消毒方法

次亜塩素酸ナトリウムや加熱(熱湯85℃以上で1分以上)


・施設や小学校で発生した場合


汚物(おう吐物、ふん便)は、布やペーパータオル等で外側から内側に向けて、
汚れた面を折り込みながら静かにぬぐう


使用した布やペーパータオル等は、すぐにビニール袋に入れ、処分


おう吐物・ふん便は、塩素系消毒液(0.1%次亜塩素酸ナトリウム)で処理
汚染が付着した床、ドアノブ、便座、玩具等は、塩素系消毒液(0.02%次亜塩素酸ナトリウム)を染み込ませた布やペーパータオル等で覆うか、浸すようにふく


塩素系消毒液は、鉄等の金属を腐食させるのでふき取って10分程たったら水ぶき


参考資料
厚生労働省:ノロウイルスに関するQ&A
日本薬剤師会:防ごう!ノロウイルス感染 21.1.30

今後はよりまとまった記事をこちらに掲載していきます よかったら遊びに来てください https://mibyou-pharmacist.com

関連まとめ
ノロウイルスの消毒液つくり方

↓応援していただける方クリックお願いします

人気ブログランキング



スポンサードリンク









nice!(1)  コメント(0) 

室内加湿器の選択と意外な落とし穴・違いを考える ~感染症対策の観点から~ [感染症]




今後はよりまとまった記事をこちらに掲載していきます よかったら遊びに来てください https://mibyou-pharmacist.com


①室内加湿器の種類

(加湿方法と特徴)

・超音波式

超音波で粒径1~2μmのエアロゾルを発生
冷たい霧

・フィルター気化式
水分子を発生させて加湿
霧自体は見えない

・蒸気式
(スチーム式)
煮沸で蒸気を発生させて加湿
温かい霧

②どの加湿器がいいのか?

・ポイント

フィルター式か蒸気式が良い
(エアロゾルを噴出しないため細菌を放出しない)

・なぜ?



・超音波式はエアロゾルを発生させてしまうため
大量の細菌を噴出してしまう
仕組み的に細菌が汚染しやすい

・詳細

超音波による加湿(水温上昇)



水道水に含まれる遊離残留塩素を分解



殺菌効果を失う



水を入れる箇所が細菌の増えるのに適した環境に・・・



そして、細菌を含む霧を放出してしまう

補足

エアロゾル
気体中に浮遊する微小な液体または固体の粒子のこと
(日本エアロゾル学会ホームページ参照)

超音波式加湿器は1~2μmのエアロゾルを噴出する
これは、ヒトの肺胞まで到達してしまう

関連記事

インフルエンザと湿度の関係

今後はよりまとまった記事をこちらに掲載していきます よかったら遊びに来てください https://mibyou-pharmacist.com


↓応援していただける方クリックお願いします

人気ブログランキング



スポンサードリンク









nice!(6)  コメント(0) 

ユナシンとオーグメンチンの違い [感染症]




現在下記サイトに引越し作業をしております そちらに遊びに来ていただけたら嬉しいです。よろしくお願いします https://mibyou-pharmacist.com

スルタミシリントシル酸塩水和物錠(ユナシン[レジスタードトレードマーク])と
アモキシシリン水和物・クラブラン酸カリウム錠(オーグメンチン[レジスタードトレードマーク])の違い





①ユナシンの特徴

・アンピシリンとスルバクタムのエステル結合したもの。
体内に入って分かれる

・オーグメンチンに比べ、海外での使用例少ない

・食道に停留し、崩壊すると、まれに食道潰瘍を起こすおそれがあるので
多めの水で服用させ、特に就寝直前の服用等には注意すること。
→オーグメンチンにこれはない

・スルタミシリンとして、通常成人1回375mg(力価)を1日2~3回経口投与する。
なお、年齢、症状により適宜増減する。 (ユナシンの添付文書より)

→2回の投与も可能
オーグメンチンは3回 服用しないといけない・・・

②オーグメンチンの特徴
 
・アモキシシリンは、アンピシリンの経口吸収性を向上している。

・この成分に肝機能障害の既往歴がある人には、禁忌

→ユナシンにこの文言はない

・抗菌力は、どちらも変わらない

・肺炎球菌には、オーグメンチンのほうがよいという論文があるが、変わりないと言われている

・どちらも出血傾向に注意する   

特に高齢者

・耳鼻咽喉科のガイドラインでも、位置づけは変わらない





↓応援していただける方クリックお願いします

人気ブログランキング



スポンサードリンク









nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
前の3件 | - 感染症 ブログトップ