So-net無料ブログ作成
整形外科 ブログトップ
前の3件 | -

骨粗鬆症と年齢の関係(小ネタ) [整形外科]




今後はこちらがメインになります よかったら遊びに来てください https://mibyou-pharmacist.com

① 骨粗鬆症について
WHOの定義では「低骨量と骨組織の微細構造の異常を特徴とし、骨の脆弱性が増大し、
骨折の危険性が増加する疾患である」とされている

骨粗鬆症患者は1300万人以上と推定されていおり、高齢化に伴い経年的に増加している

「骨強度」の低下が原因であり、「骨強度」は、「骨密度」と「骨量」で定義される
「骨密度」 70% + 「骨質」 30% 

② 年齢との関係

60代から年1%筋量が減る → バランス能力が減る

骨密度も年で1~2%ずつ減少している → 年齢を重ねると骨粗鬆症のリスクは上がっている



骨密度が少なくても、筋量で骨折リスクが違ってくる!
筋量があれば骨折リスクが減る


  
筋力維持が大切
薬局の服薬指導において
適度な運動が大切であり、運動することで筋力が上がり、
骨折リスクが下がることを指導してもいいだろう
※ただ、「運動してください。大事です。」だとメッセージとして弱いですよね?

③ 補足
 
・西日本の方が骨折リスクが高い
→ビタミンKの摂取量が関係している?納豆の摂取量とか(詳細不明)

・日本人は、欧米と比べて椎体骨折が多い。75歳から急に増えてくるのが特徴

関連記事
ビスホスホネート製剤の懸念

今後はこちらがメインになります よかったら遊びに来てください https://mibyou-pharmacist.com


↓励みになりますのでクリックお願いします

健康と医療ランキング



スポンサードリンク









nice!(1)  コメント(0) 

骨粗鬆症治療薬の服用タイミングについて~日内リズムから考える~ [整形外科]




①骨代謝に関する日内リズムについて

一般に夜間で骨形成が亢進(血中カルシウムの低下・血中副甲状腺ホルモン濃度の上昇)、
昼間に骨吸収が亢進する

※老人性骨粗鬆症・閉経後骨粗鬆症でも見られる

②服用タイミングの1つの考え方

・活性型ビタミンDについて

夜間の方が骨の形成が増える。
活性型ビタミンD製剤は夜服用したほうが、
血中のカルシウム濃度が下がっているので
副作用としての高カルシウム血症のリスクは下がる

・ラロキシフェン(エビスタ[レジスタードトレードマーク])について

ラロキシフェンとプラスミノーゲン活性化因子インヒビター濃度(PAI-1)の検討
したデータがある

PAI-1が上昇すると副作用である深部静脈血栓症の危険が上昇するのだが

「朝」の投与では上昇

「夕」の投与では上昇しない

ラロキシフェンは「夕」投与の方が安全みたいだ

今回のデータのように日内リズムなどから投与タイミングを
考えることも大切かもしれない

参考文献

骨粗鬆症の時間治療 藤村昭夫

↓応援していただける方クリックお願いします

薬剤師ランキング




スポンサードリンク









nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

イバンドロン酸(ボンビバ)の服用後60分以上あける理由~他は30分以上なのに~ [整形外科]




月1回服用のビスホスホネート製剤

なぜ60分開ける必要があるのか
患者さんにも説明する必要があるだろう

①用法用量の記載

通常、成人にはイバンドロン酸として100mgを1カ月に1回、
起床時に十分量(約180mL)の水とともに経口投与する。
なお、服用後少なくとも60分は横にならず、
飲食(水を除く)及び他の薬剤の経口摂取を避けること。

→少なくとも60分はあける必要がある・・・(他の同効薬は30分なのに)

→なぜ?

→「AUC」と「骨密度の変化量」のデータから服用後60分絶食となっている

②詳細

・AUCの比較試験

服用後60分絶食AUC>服用後30分絶食AUC


健康成人男性及び閉経後健康成人女性に、
イバンドロン酸として50mgを服用後、
30分 又は60分絶食するクロスオーバー比較試験を実施した
(各投与のウォッシュアウト期間は少なくとも1週間)。
血清中イバンドロン酸のAUClast(平均値±標準偏差)は
服用後60分絶食では16.0±15.6ng・h/mLであり、
30分絶食の11.1±23.5ng・h/mLに比べて高値を示した。

・骨密度変化量

服用後60分絶食>服用後30分絶食

下記の部位において変化量が上回ったデータがある

腰椎L1-L4
大腿骨転子部
大腿骨近位部
大腿骨頸部

参考資料
ボンビバ[レジスタードトレードマーク]添付文書・インタビューフォーム
Tanko LB, et al , Bone 2003;32:421-426

↓応援していただける方クリックお願いします


くすり・薬学ランキング


スポンサードリンク









nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康
前の3件 | - 整形外科 ブログトップ