So-net無料ブログ作成

漢方薬とインフルエンザについて~適応症の細かい話~ [漢方]




今後はよりまとまった記事をこちらに掲載していきます よかったら遊びに来てください https://mibyou-pharmacist.com


インフルエンザに対してはメーカーによっても適応症の表記が異なる
頭の中に入れておいてはどうだろう(保険が通るかどうかは別の話だが・・・)

ちなみによく用いられる「ツムラ」「クラシエ」について

①ツムラ

・ツムラの漢方薬に効能効果として「インフルエンザ」の直接的記載があるもの

下記2つ

「麻黄湯」

「竹筎温胆湯」

・メーカーの説明ではインフルエンザと同意の「流感」の表記があるもの

「柴胡桂枝湯」のみ

②クラシエの漢方には上記のような「直接的」添付文書上の記載はない

もしも医師からインフルエンザで問題なく使えるものは?
と聞かれたら、まず上の3つを伝えてはどうだろう

あとは

急性期であれば「麻黄湯」

インフルエンザ後の咳が長引くときは「竹筎温胆湯」

胸脇苦満(肋骨下部の張り)があるものは「柴胡桂枝湯」

など色々な考えがあると思うので「証」を診ながら判断が必要

関連記事

竹筎温胆湯

参考資料
ツムラ 各添付文書 メーカー問い合わせ
クラシエ メーカー問い合わせ

今後はよりまとまった記事をこちらに掲載していきます よかったら遊びに来てください https://mibyou-pharmacist.com


↓励みになるのでクリックお願いします

くすり・薬学ランキング




スポンサードリンク









nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

抑肝散と釣藤散の違いについて~ざっくりと~ [漢方]




どちらが作用が強いとかそういう問題ではない

①釣藤散について~部分的に注目~

・「菊花」・「防風」

→上部にたまった気を巡らして、熱を冷ます

→中枢の興奮を静める

・「人参」が配合されており虚証傾向

→体力増進・精神安定

②抑肝散について~部分的に注目~


・肝気の昂ぶりに用いることから

→体の中の熱・裏熱証

※実証傾向の方が対象になることが多い

・柴胡→「胸脇苦満」

→胸から脇にかけての苦満感

→胸から脇にかけて張った感じがして押すと抵抗と圧痛を訴える

→「気鬱」で胸部に圧迫感がある場合

「当期」・「川キュウ」→血虚傾向

→「肝」の血流を補う

↓関連記事
釣藤散と認知症について

釣藤鈎について

抑肝散と抑肝散加陳皮半夏の違いについて

↓励みになりますのでクリックお願いします

薬剤師ランキング




スポンサードリンク









nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

抑肝散と抑肝散加陳皮半夏の違いについて [漢方]




①抑肝散について

・構成生薬

釣藤鈎(チョウトウコウ)、当帰(トウキ)、川芎(センキュウ)、蒼朮(ソウジュツ)、
茯苓(ブクリョウ)、柴胡(サイコ)、甘草(カンゾウ)

釣藤鈎と柴胡により鎮痙作用が増強されている
茯苓にも鎮痙作用が有り、釣藤鈎の鎮痙作用が増強されている
肝の血流改善→当帰、川芎
水滞を治す→蒼朮、茯苓
昂ぶった肝の気を緩和する→甘草

・適応

「認知症」の周辺症状に使われる

「陽性症状」に用いる

実証である「怒り」「暴言」「徘徊」などの症状に用いる

※陰性症状(虚証)である「表情が少ない」「喜怒哀楽が少ない」などには使わない

※「熱」がポイント
熱がこもってイライラしている。同時に水毒・於血・血虚があるもの

②抑肝散加陳皮半夏について

・構成生薬

抑肝散+陳皮+半夏

陳皮→腸の蠕動運動を促進させる

半夏→悪心嘔吐を抑える

※陳皮と半夏を組み合わせると胃部不快感や胃内停水による悪心嘔吐を治す

→胃部の痰を取り除く

→抑肝散より強いというわけではない!!

→胃部不快感などの胃腸症状があるかどうかである

補足

釣藤散にも陳皮と半夏が配合されている

・適応

抑肝散の症状に加えて
ストレスの蓄積で体力が減り冷えている人も対象になったりする
内蔵の衰えがあると考えられる場合はこちらがオススメ

↓関連記事

釣藤鈎について

釣藤散と抑肝散の違いについて

釣藤散と認知症について

↓応援していただける方クリックお願いします

薬剤師ランキング






スポンサードリンク









nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康