So-net無料ブログ作成
循環器科 ブログトップ
前の3件 | -

抗不整脈薬のQT延長について [循環器科]




今後はよりまとまった記事をこちらに掲載していきます よかったら遊びに来てください https://mibyou-pharmacist.com


ポイント:Kチャネル遮断・抑制作用があればQT延長の可能性がある

① Vaughan Williams分類

このあたりの話になると、この分類では限界がくるですが、
個人的に「ざっくり」した理解が好きなのでこちらで説明する

Kチャネル遮断作用があるものは「Ⅰa」「Ⅲ」「Ⅳ」である

※ Ⅳ型に関しては、ベプリジル(べプリコール[レジスタードトレードマーク]) のこと。
Kチャネル遮断作用があるため、Ⅲ型的なところがある

※ 常用量でも起こす人はいる
  
※ 血液検査、血中濃度はすぐ結果が分からないので心電図は大事 

Ⅰ型→QRS 延長
Ⅲ型→QT  延長

② QT延長

QT 延長症候群(long QT syndrome:LQTS)は,心電図にQT 延長を認め,torsade de pointes(TdP)と呼ばれる特殊な心室頻拍(ventricular tachycardia:VT),あるいは心室細動(ventricular fibrillation:VF)などの重症心室性不整脈を生じて,めまい,失神などの脳虚血症状や突然死をきたす症候群

先天的にQT延長の原因となる遺伝子以上の方が何%かいる。数はとても少ない
(2500人に1人程度)



必ずしも薬剤性ではない

③ QT延長を起こしやすい人

高齢者、女性、カリウムが低い人、徐脈の人(心拍数が50回/分未満の不整脈)

④ QT延長を起こす薬剤、その他

向精神薬:フェノチアジン系(クロルプロマジンなど),三環系抗うつ薬など
抗生物質,抗ウイルス薬:エリスロマイシン,アマンタジンなど
抗潰瘍薬:H2 受容体拮抗薬(シメチジンなど)
消化管運動促進薬:シサプリドなど
抗アレルギー薬:テルフェナジンなど
脂質異常症治療薬:プロブコールなど
有機リン中毒



服薬指導において、上記の抗不整脈薬と上記の薬物の併用時 特に注意
  
「動悸」「ふらつき」「低血糖症状」など薬局でも常に確認する必要があるだろう

薬歴に記載しよう

関連記事
抗不整脈薬と薬の考え方と意味

参考資料・文献
QT延長症候群(先天性・二次性)とBrugada症候群の診療に関するガイドライン(2012年改訂版)ダイジェスト版p4、p15
見ておぼえる心電図のえほん、遠藤明太 p21
よくわかるハイリスク薬の服薬指導第2版 p136

今後はよりまとまった記事をこちらに掲載していきます よかったら遊びに来てください https://mibyou-pharmacist.com


↓応援していただける方クリックお願いします

健康と医療ランキング



スポンサードリンク









nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

脳梗塞とうつ病の関係について [循環器科]




今後はよりまとまった記事をこちらに掲載していきます よかったら遊びに来てください https://mibyou-pharmacist.com


脳梗塞とうつ病には関連するという報告がいくつか存在する

・脳梗塞で亡くなる人は、うつ病の人が多い

・脳梗塞後にうつ病を発症する人は30~50%
また、脳梗塞後3~6ヶ月ぐらいが発症のピークである

・うつ病患者は、すべての脳卒中リスクの45%上昇、
死に至る致死性脳卒中リスクの55%上昇、
脳梗塞など虚血性脳卒中リスクの25%上昇
とそれぞれ関連している。

一方、うつ病と脳出血など出血性脳卒中との間には
関連は認められなかった。

・うつ病患者10万人当たり106人で
脳卒中発症するというデータもある

つまり、

薬局業務においてもうつ病を併発している高齢者では
脳梗塞のリスクがあること念頭に置いて
服薬指導する必要がある

また、うつ病ではない高齢者の脳梗塞後ケアも大切だろう

関連記事

うつ病患者と睡眠障害の合併割合

参考文献

岩崎也生子, 脳卒中後のうつー脳卒中とともにうつ症状を患う場合の作業療法 特集 連続特集Part2 新たな障害としての"うつ"を背負った方に, 臨床作業療法, Vol14, No.2, 2017

Depression and risk of stroke morbidity and mortality: a meta-analysis and systematic review.
Pan A1, Sun Q, Okereke OI, Rexrode KM, Hu FB.

今後はよりまとまった記事をこちらに掲載していきます よかったら遊びに来てください https://mibyou-pharmacist.com

↓応援していただける方クリックお願いします

人気ブログランキング



スポンサードリンク









nice!(1)  コメント(0) 

拡張期血圧(下の血圧)が低い人の特徴?考えること(小ネタ) [循環器科]




今後はよりまとまった記事をこちらに掲載していきます よかったら遊びに来てください https://mibyou-pharmacist.com

年齢と共に収縮期血圧(上の血圧)が上がることは知られている

また、一定の人で「拡張期血圧」が低い人がいる

例えば、収縮期血圧が普通で拡張期血圧が低い人

拡張期血圧は、冠動脈に血流が流れる時である

拡張期血圧が低いことが原因で、狭心症を訴える人が増える
(自覚症状として出るらしい)

また、拡張期血圧が低いということは
動脈硬化が進んでいる可能性があるのだ

血管が硬くなることで脳梗塞や心筋梗塞を引き起こす危険因子だと言われている

→場合によっては、超音波検査やエコーで診てもらうよう受診を勧めてもいいかもしれない

最近では、薬局業務でも効果を確認したり、副作用の有無をチェックする必要がある
ただ、拡張期血圧が低い時は、もしかしたら血管が硬くなってないかな?
と意識したり、情報として確認しておいてはどうだろう

補足

・収縮期血圧

心臓から大動脈へ血液を送り出すとき
心臓は収縮して血液によって、血管壁に圧力がかかる
このときの血圧のこと
例えば、大動脈に弾力性が少ないと血圧は上がる(高齢者とか)

・拡張期血圧

血液が心臓に戻ってくるとき、心臓は膨らむ
そのとき、大動脈血液量が減ることで血管壁にかかる圧が下がる
このときの血圧のこと

今後はよりまとまった記事をこちらに掲載していきます よかったら遊びに来てください https://mibyou-pharmacist.com

関連記事
インスリンと高血圧について

インスリンと動脈硬化について

↓応援していただける方クリックお願いします!励みになります

人気ブログランキング



スポンサードリンク








nice!(1)  コメント(0) 
前の3件 | - 循環器科 ブログトップ