So-net無料ブログ作成
呼吸器科 ブログトップ
前の3件 | -

アドエアとシムビコートの違い ~小ネタ~ [呼吸器科]





今後はよりまとまった記事をこちらに掲載していきます よかったら遊びに来てください https://mibyou-pharmacist.com



各薬剤の細かい違いについてまとめる

・アドエアはシェア1位。75%ほどある
 シムビコートはカウンターが見えにくい
 
※喘息で死ぬ人は、今1500人/年くらい。年々減っている
 →これは吸入剤の販売額と反比例の関係にある
 →適切に吸入薬を使用することは大切

・アドエアは、吸入後5秒くらい息を止めないといけない
(止めないと出てしまう)

シムビコートは息を止める必要はない
   
なぜ?

平均粒子径の違い(細かいですね)
   
アドエア4.4μm 
シムビコート2.5μm
   
中枢から末梢気道に最も効率的に届く粒子径は2~3μm → だからPM2.5も肺の中に到達

アドエアは肺の中に到達するのに粒子径から到達するのに時間がかかる
シムビコートは肺のより深くに届きやすい

→30~1分後から効いてくる
→頓用が可能な理由
※メプチンも1分くらいで効果がある

・シムビコートのデメリット
乾燥剤が入っているので残量が残っていても吸える感じがある

→これは絶対個人的には患者に言ったほうがいいと思う
意外と吸入回数以上に日数が空いて来局する方多いので・・・

ペン先くらいしか量が出ないので吸った感じが少ないのも注意

・アドエアは甘い。シムビコートは苦い
→シムビコートの方が嗄声少ない


補足

・喘息が1年の中で最も症状が悪化するのが10月の秋
花粉と気温差の激しさがあるためである
花粉・・・カモガヤ、ブタクサ

九州は喘息にかかりやすい(偏西風のため)
鹿児島→火山灰がありワースト1位

・吸入薬は、2週間以上の連続投与により
効果が出るためコンプライアンスが大切

参考資料
グラクソ・スミスクライン勉強会資料
アステラス勉強会資料
各薬剤添付文書


今後はよりまとまった記事をこちらに掲載していきます よかったら遊びに来てください https://mibyou-pharmacist.com



関連記事
レルベア[レジスタードトレードマーク]について

高齢者のうがいが出来ない場合は?

オンブレス[レジスタードトレードマーク]を吸ったときに、むせる場合の対策は?

↓応援していただける方クリックしていただけたら嬉しいです。

人気ブログランキング



スポンサードリンク









nice!(2)  コメント(0) 

オンブレス、シーブリ、ウルティブロ を吸ったときにむせる場合、対策は?(質問) [呼吸器科]




今後はよりまとまった記事をこちらに掲載していきます よかったら遊びに来てください https://mibyou-pharmacist.com


一番の原因は口腔内の乾燥である
また、吸いやすい形をしているので勢いよく吸ってしまうと咳につながってしまう・・・

対策としては

①水分を取ってから吸入する

②ゆっくりと吸う(ストローで吸えるくらいの力で)



勢いよく吸うと中に含まれる乳糖が喉に張り付く

参考データ

・オンブレス
4.3%に咳の副作用
日本人のみだと8.8%

・ウルティブロ
2.5%に咳の副作用
日本人のみだと16.7%

今後はよりまとまった記事をこちらに掲載していきます よかったら遊びに来てください https://mibyou-pharmacist.com

関連記事

高齢者など・・・うがいが出来ない場合どうするのか?

レルベア[レジスタードトレードマーク]の特徴について

アドエア[レジスタードトレードマーク]とシムビコート[レジスタードトレードマーク]の違いについて

参考資料
各薬剤添付文書
メーカー問い合わせ

↓応援していただける方クリックお願いします

健康と医療ランキング



スポンサードリンク









nice!(9)  コメント(0) 

ムコソルバンL錠45mgについて~いつの服用がベスト?概日リズムを考えて~ [呼吸器科]




以前は45mgのカプセルがあったが、製剤開発で小さな錠剤として登場したもの
個人的には、本当に小さく飲みやすいのでおすすめ

①主な薬理作用

肺表面の活性物質である肺サーファクタントの分泌促進
肺の気道液の分泌促進
線毛運動の亢進



痰の気道粘膜に対する粘着性を低下させ、
気道壁を潤滑にして痰を出しやすくする

※肺気道液は1日100ccほど分泌されており、ゴミや異物を肺外に出している
※痰に直接作用するわけではない(ムコダイン[レジスタードトレードマーク]との併用も効果的)

②オススメの服用タイミング(添付文書上は1日1回の服用)

呼吸機能のサーカディアンリズム(概日リズム)において、気道の上記で説明した働きは、
午前4時頃に最も低下する
つまり、夕食後に服用することで、4時頃に最高血中濃度を持っていき
この時間における、痰を出す能力の低下を改善することができる

服薬指導でちょっとした情報として伝えるのもいいかもしれません

関連記事
ムコソルバンとインフルエンザ

参考資料
帝人ファーマ勉強会資料

↓応援していただける方クリックお願いします


人気ブログランキング



スポンサードリンク









nice!(1)  コメント(0) 
前の3件 | - 呼吸器科 ブログトップ