So-net無料ブログ作成

ヘパリン類似物質(ヒルドイド )の製剤的違いの1つについて [皮膚科]

スポンサーリンク



今後はよりまとまった記事をこちらに掲載していきます よかったら遊びに来てください https://mibyou-pharmacist.com



今回は細かいところにスポットを当てる

①「クリーム・ソフト軟膏・ローション」と「ゲル」の違いついて

薬効区分の表記が違う

・「クリーム・ソフト軟膏・ローション」

→血行促進・皮膚保湿剤

・「ゲル」

→抗炎症血行促進剤

・何が違うの?

主成分である

「ヘパリン類似物質」は全く同じ

・添加物が違う

簡単に言うとアルコール成分がゲルの方が高い
「イソプロパノール」が多く入っている
量は企業秘密とのこと・・・

・アルコール成分が多く入っていることから
ゲルの方は「保湿作用」の臨床試験が行われていない

②適応症の違い

適応症がたくさんあるが一部抜粋

「クリーム・ソフト軟膏・ローション」

→「皮脂欠乏症」「進行性指掌角皮症」


「ゲル」

→「進行性指掌角皮症」には適応がある

簡単に言うと
「手荒れ」には適応がある

皮脂が足りない

「皮脂欠乏症」には適応がない

参考資料

各種添付文書
マルホへの問い合わせ

今後はよりまとまった記事をこちらに掲載していきます よかったら遊びに来てください https://mibyou-pharmacist.com



↓応援していただける方クリックお願いします

人気ブログランキング



スポンサードリンク









スポンサードリンク


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。