So-net無料ブログ作成

抗不整脈薬のQT延長について [循環器科]

スポンサーリンク



今後はよりまとまった記事をこちらに掲載していきます よかったら遊びに来てください https://mibyou-pharmacist.com


ポイント:Kチャネル遮断・抑制作用があればQT延長の可能性がある

① Vaughan Williams分類

このあたりの話になると、この分類では限界がくるですが、
個人的に「ざっくり」した理解が好きなのでこちらで説明する

Kチャネル遮断作用があるものは「Ⅰa」「Ⅲ」「Ⅳ」である

※ Ⅳ型に関しては、ベプリジル(べプリコール[レジスタードトレードマーク]) のこと。
Kチャネル遮断作用があるため、Ⅲ型的なところがある

※ 常用量でも起こす人はいる
  
※ 血液検査、血中濃度はすぐ結果が分からないので心電図は大事 

Ⅰ型→QRS 延長
Ⅲ型→QT  延長

② QT延長

QT 延長症候群(long QT syndrome:LQTS)は,心電図にQT 延長を認め,torsade de pointes(TdP)と呼ばれる特殊な心室頻拍(ventricular tachycardia:VT),あるいは心室細動(ventricular fibrillation:VF)などの重症心室性不整脈を生じて,めまい,失神などの脳虚血症状や突然死をきたす症候群

先天的にQT延長の原因となる遺伝子以上の方が何%かいる。数はとても少ない
(2500人に1人程度)



必ずしも薬剤性ではない

③ QT延長を起こしやすい人

高齢者、女性、カリウムが低い人、徐脈の人(心拍数が50回/分未満の不整脈)

④ QT延長を起こす薬剤、その他

向精神薬:フェノチアジン系(クロルプロマジンなど),三環系抗うつ薬など
抗生物質,抗ウイルス薬:エリスロマイシン,アマンタジンなど
抗潰瘍薬:H2 受容体拮抗薬(シメチジンなど)
消化管運動促進薬:シサプリドなど
抗アレルギー薬:テルフェナジンなど
脂質異常症治療薬:プロブコールなど
有機リン中毒



服薬指導において、上記の抗不整脈薬と上記の薬物の併用時 特に注意
  
「動悸」「ふらつき」「低血糖症状」など薬局でも常に確認する必要があるだろう

薬歴に記載しよう

関連記事
抗不整脈薬と薬の考え方と意味

参考資料・文献
QT延長症候群(先天性・二次性)とBrugada症候群の診療に関するガイドライン(2012年改訂版)ダイジェスト版p4、p15
見ておぼえる心電図のえほん、遠藤明太 p21
よくわかるハイリスク薬の服薬指導第2版 p136

今後はよりまとまった記事をこちらに掲載していきます よかったら遊びに来てください https://mibyou-pharmacist.com


↓応援していただける方クリックお願いします

健康と医療ランキング



スポンサードリンク









スポンサードリンク


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。