So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

フルチカゾン・ビランテロール(商品名:レルベア)の特徴 [呼吸器科]

スポンサーリンク



最大の特徴

1日1回の吸入で、24時間効果が持続すること
使用されているステロイドが、アドエアとは異なり、
フルチカゾンフランカルボン酸エステル(FF)は、吸入ステロイド薬の中で最も高いグルココルチコイド受容体親和性を示し、強い抗炎症効果が期待できる。
気管支の上皮細胞に約30時間とどまるので、1日1回でOK
朝・夕のどのタイミングで服用しても効果の違いはなく、
なるべく同じタイミングで1日1回吸入することが望ましい

その他の特徴

・蓋を開ければ充てんされるので、アドエアよりも簡単
ただし、2回つづけて、蓋をあけると薬剤が2回分充填されてしまうので、注意が必要。
そういった時は、口を下にして振り落として再度充填する

・ステロイド薬はアレルギー性鼻炎治療の点鼻薬として、フルチカゾン(商品名:アラミスト)という名前で既に使用されている。ビランテロールに関しては、新規の長時間作用型のβ2受容体刺激薬になる

・15歳以上の成人のみ適応

・透析患者にも使える

・レルベアは添加物に乳糖(夾雑物として乳蛋白)を含むので、牛乳アレルギーの患者さんには十分な注意喚起が必要。
乳糖不耐症の患者さんには一部のレアケースを除けばレルベアを問題なく使用できると考えられている。

関連記事
アドエア[レジスタードトレードマーク]とシムビコート[レジスタードトレードマーク]違い

高齢者のうがいが出来ない場合はどうする?

オンブレス[レジスタードトレードマーク]を吸入したとき、むせる場合の対策は?

参考資料
メーカー勉強会

↓応援していただける方クリックお願いします

人気ブログランキング

スポンサードリンク









スポンサードリンク


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0