So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

高齢者など・・・吸入剤でうがいが出来ない場合どうすればいいですか? [呼吸器科]




今後はよりまとまった記事をこちらに掲載していきます よかったら遊びに来てください https://mibyou-pharmacist.com

A: うがいが出来ない場合、水を飲むのでもOK

本日、施設からあった質問ですが、99歳の方にステロイドの吸入
とてもうがいできないですよね?
水を飲む。もしくは、口の周りや口の中をきれいにする程度でも仕方ないかもしれません

補足 うがいの意味

口腔カンジダや声の枯れといった副作用を防ぐため

うがいは出来るのであれば

① 口の中のみの クチュクチュうがい

② のどの方の  ガラガラうがい

両方するのがベストだろう

関連記事
アドエア[レジスタードトレードマーク]とシムビコート[レジスタードトレードマーク]の違い

オンブレス[レジスタードトレードマーク]を吸入したとき、むせる場合の対策は?

参考文献:違いがわかる!同種・同効薬  南江堂


今後はよりまとまった記事をこちらに掲載していきます よかったら遊びに来てください https://mibyou-pharmacist.com

↓応援していただける方クリックお願いします

人気ブログランキング

スポンサードリンク









nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

壊死と壊疽の違い [小ネタ]




今後はよりまとまった記事をこちらに掲載していきます よかったら遊びに来てください https://mibyou-pharmacist.com


壊死と壊疽の違い

勉強会に参加した際、違いが分からない人が多いと言われ・・・
自信なかったので、簡単にまとめてみた

①壊死

生体の一部の組織や細胞が死ぬこと
→細胞の機能 ×

例 心筋梗塞 火傷

➁壊疽

壊死に陥った細胞が、菌による感染を受けて、黒変し、悪臭を放つようになったもの
起炎菌として一番多いもの・・・クロストリジウム

今後はよりまとまった記事をこちらに掲載していきます よかったら遊びに来てください https://mibyou-pharmacist.com



応援していただける方クリックをお願いします

人気ブログランキング


スポンサードリンク









nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

DPP-4阻害薬とSU剤のワンポイントざっくりまとめ~併用することでSU剤を減量できる~ [糖尿病と薬]




今後はよりまとまった記事をこちらに掲載していきます よかったら遊びに来てください https://mibyou-pharmacist.com



①DPP-4阻害薬のワンポイント

日本で使用頻度が高いDPP-4阻害薬

理由:副作用が少ないから



有害事象を調べるメタ解析でプラセボ群と比較して
DPP-4阻害薬を飲んでいても同じだけの副作用しか出なかったという
データがある



飲んでいようがいまいが副作用の頻度は同じ

副作用として多いのは「消化器症状」
100人に1人程度
ただし止める程度の人は少なく、
少しムカムカする人がいる

また最近は「膵炎」について注意喚起があったため
服薬指導では「腹痛」などのチェックは必要だろう

②SU剤のワンポイント

SU剤は日本人に非常によく効く薬



そのため、SU剤を止めた途端に血糖が上がる事例がある
20数%



やめられない人がいる

そのため、SU剤の量が多い人がいるので
用量を減らすことを考える

そもそもSU剤の「低血糖」は副作用なのか?
細かい話をすると「違う」

副作用という主作用以外の作用なので

有害事象ではあるが(主作用が強すぎて低血糖)

副作用ではない。



つまりSU剤は副作用自体少ない
これを診療上うまく使用することは大事らしい

どうするのか?

そこで1つの方法がDPP4阻害薬との併用
ある先生の勉強では、70%ほど減量できているとのこと
ほとんどの患者がグリメピリドで0.5mgか1mgに
減っているという話だった

関連記事

シュアポスト[レジスタードトレードマーク]について~SU剤との違い~

SU剤にDPP-4阻害薬が追加されたときの注意点は?

DPP-4阻害薬で低血糖を起こしやすいケースは?

今後はよりまとまった記事をこちらに掲載していきます よかったら遊びに来てください https://mibyou-pharmacist.com


↓応援していただける方クリックお願いします

くすり・薬学ランキング




スポンサードリンク









nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:健康
前の3件 | -