So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

勃起障害(ED)治療薬と食事の影響について [小ネタ]





今後はよりまとまった記事をこちらに掲載していきます よかったら遊びに来てください https://mibyou-pharmacist.com



勃起障害治療薬と食事の関係は非常に大切
効果に大きく関係してくるため服薬指導のときに特に大事

注意
催淫剤や性欲増進ではなく、勃起に必要な
血管を拡げて機能を改善する
※性欲が単純に低下した人では意味がない

①種類と持続時間

クエン酸シルデナフィル(バイアグラ[レジスタードトレードマーク])
4-5時間

塩酸バルデナフィル(レビトラ[レジスタードトレードマーク])
7~8時間

タダラフィル(シアリス[レジスタードトレードマーク])
36時間

②食事の影響

・クエン酸シルデナフィル(バイアグラ[レジスタードトレードマーク])
空腹時服用が必要

Tmax 
空腹時 1.2時間
食後 3時間
食後投与によりCmax及びAUCは空腹時に比べて
それぞれ42%及び14%有意に減少した



つまり、効くまでの時間が2-3倍遅くなるし
効果も落ちてしまう。

・塩酸バルデナフィル(レビトラ[レジスタードトレードマーク])
影響は受けにくいが、空腹時の方がいい

総エネルギーに占める脂肪成分が30%なら問題ない
脂肪成分が50%以上の高脂肪食の後に服用すると
減弱するとのこと

※上記2つは、服用後約1時間で効果があると言われている

→食事の30分ぐらい前に服用するのが良い

→服薬指導のときに「あんまり効果がない」と言われたら
食事が原因かもと考える必要がある
正しい情報を伝えることが大切

・タダラフィル(シアリス[レジスタードトレードマーク])
食事の影響はない

補足

※どれも適度な量であればアルコールは問題ない

※副作用はシアリス[レジスタードトレードマーク]が一番少ないが、
バイアグラの「ほてり感」が効いている実感がある人も
ED治療はメンタルも大切なので影響は大きい可能性あり

※効果発現が一番速いのはレビトラ[レジスタードトレードマーク]

↓関連記事
勃起障害(ED)と生活習慣病について

参考資料
各薬剤添付文書
メーカー勉強会資料


今後はよりまとまった記事をこちらに掲載していきます よかったら遊びに来てください https://mibyou-pharmacist.com



↓クリックしていただけると励みになります。お願いします

人気ブログランキング



スポンサードリンク









nice!(1)  コメント(0) 

HbA1cと喫煙(タバコ)の関係性~非肥満者や副流煙が多い人もご注意を~ [糖尿病と薬]




今後はよりまとまった記事をこちらに掲載していきます よかったら遊びに来てください https://mibyou-pharmacist.com


①炎症や酸化ストレス
膵β細胞の傷害
内臓脂肪の増加などを介する



インスリン抵抗性の増加

※アディポネクチン減少によるインスリン抵抗性増加
(喫煙はこれを助長すると言われている)

②交感神経の刺激



血糖上昇

補足

・禁煙により,インスリン抵抗性は8週間で改善する

・空腹時血糖よりHbA1cに影響しやすい

・肥満者より非肥満者(BMI24以下)が影響されやすい

※副流煙も注意する必要がある

先日パチンコ屋によく行く女性の方がHbA1cが高い方がいた・・・
医師より、もしかしたら副流煙と言われたとのこと

薬局でも患者の家族の喫煙歴や生活スタイルを聞き出し、
HbA1cが下がらない理由、高い理由を考えるのもいいかもしれない

参考文献・資料
喫煙のHbA1Cおよび空腹時⾎糖値に及ぼす影響 
橋本佳明⼆村梓糖尿病50(6):373∼377, 2007

ノバルティス 勉強会

今後はよりまとまった記事をこちらに掲載していきます よかったら遊びに来てください https://mibyou-pharmacist.com


↓応援していただける方クリックお願いします

健康と医療ランキング





スポンサードリンク









nice!(0)  コメント(0) 

ヘパリン類似物質含有外用剤(ヒルドイド)の考え方.先発品や後発品の違い [皮膚科]




今後はよりまとまった記事をこちらに掲載していきます よかったら遊びに来てください https://mibyou-pharmacist.com


薬局の窓口にて「先発品と違う!」と言われがちな外用剤。
中でも今回はヘパリン類似物質含有外用剤(ヒルドイド[レジスタードトレードマーク])について

先発品と後発品(ジェネリック)はそもそも主成分は同じ。なぜ?違いが出るのか・・・

ポイント 1つの理由として添加剤が違うから

今回取り上げるのは3つ

①チモール
②スクワラン
③サラシミツロウ

①チモールについて

以前は先発品のヒルドイドにも入っていた。
これがあると特有のにおいがあるため
使用する立場としては、入っていない方が臭くない

②スクワランについて

スクワランは油脂性基剤なので入っているほうが、保湿作用は高くなる
スクワラン自体の刺激性は少ないが、ニキビ肌にはない方がいいらしい
(佐藤製薬の説明)

③サラシミツロウ

室温保存の条件下においての安定性の向上を図る目的で配合。
また、製剤としてより皮膚への固着性と被覆性を高めている
つまり、先発品であるヒルドイド[レジスタードトレードマーク]にサラシミツロウが入っているため、
入っていない後発品を選ぶと使用感が変わってくる可能性がある


ジェネリックやドラッグストアのOTCでヘパリン類似物質含有外用剤を選ぶ際は
参考にしてみてはどうだろうか

参考資料:マルホ株式会社製剤説明、持田製薬勉強会資料、佐藤製薬勉強会資料

関連記事
保湿剤について、ちょっとした特徴

ヘパリン類似物質(ヒルドイド[レジスタードトレードマーク])の製剤的違いの1つについて

今後はよりまとまった記事をこちらに掲載していきます よかったら遊びに来てください https://mibyou-pharmacist.com


↓応援していただける方クリックお願いします

人気ブログランキング



スポンサードリンク









nice!(3)  コメント(0) 
前の3件 | -